転職のときにあると便利な資格

資格はなんでもあったほうがいい!と言いますが…
転職のときも資格はあったほうが有利なのでしょうか?

いろいろ調べて見た結果、転職時に資格はあまり関係ないようですね。
もちろん専門職の場合は資格は必須です。
例えば医師や看護師・薬剤師などの医療系の仕事。
これらは資格がないと働けませんからね。

しかし一般的に、この資格を持っていたらから転職が有利になるってことはないそうです。
敷いて言えば「普通自動車免許第一種」は、求人の中でも必須条件となっている求人が多いようです。
全体の約一割程度は、普通自動車免許第一種が必須条件と言われています。

専門職系以外の仕事なら、あまり資格の有無は採用に関係ないと言われています。
逆に転職したい職種に関係ない資格を持っていても意味がないようです。
例えば事務職を希望しているのに、インテリアコーディネーターの資格を持っていますと履歴書に書いた場合。
資格的には素晴らしいものですが、事務職に直接関係ないものなので「なんでうちの希望したんですか?」と、面接時に突っ込まれてしまう原因に…
そして「その資格を活かせるところにしたら?」と、不採用になってしまう場合も多いそうです。

資格ではなく、中途採用の場合は実務経験の方が重視されるようですね。
特にIT企業やクリエイティブ系の仕事の場合は、資格ではなく実務経験豊富の人を採用する傾向にあるようです。

資格を気にするのではなく、自分の経験をいかに活かせるか。
そう考えて転職活動するのがいいのかもしれませんね。
 

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 積立金制度&寮完備で即入居可能な新聞配達のバイト情報を探しているなら、勤務地も学校や横浜の中心部に近く、働きやすい環境を提供しているので勉強との両立も可能でオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ちょっと待った!転職をするときに考えるポイント All Rights Reserved.