転職活動は在職中?退職後?

いざ転職活動!と思った時…
あなたは在職中から動きますか?
それとも退職してからゆっくりしますか?

どちらがいいのか…
悩んでいるうちに実行できずに終わってしまう、なんて人もいるんじゃないでしょうか?

では、在職中の転職活動のメリット・デメリット。退職後からのメリット・デメリット。
どちらについても書いてみましょう。

まず在職中からの転職活動について。
メリットは、まず金銭の心配がないこと。
働きながらなので、給与はもちろんもらえていますよね。
転職活動中は面接に出向いた時の交通費など、お金もかかるものです。
それらの金銭面で安心できるのが、在職中から転職活動をするメリット。
ではデメリット…
これはまず時間が限られてしまうということですね。
仕事をしているので、仕事中は転職活動ができません。
仕事が休みの日などに、面接の時間などを合わせてもらわなくてはいけません。
しかし集団面接などの場合は、あらかじめ面接日や時間が決められているため、休みが取れないと面接すらいけない…
こんなことに陥ります。

逆に退職後の転職活動のメリットは、時間が自由なこと。
面接先の企業の都合に合わせられるので、希望の転職先の面接や説明会に参加がしやすいですよね。
逆に在職中の転職活動と違い、金銭面が不安になるところ…
給与はもうもらえないので、転職活動が長引く場合は、貯金などがないと厳しくなってしまいます。

このように、どちらもメリット・デメリットがあります。
どちらが一般的には多いのか?と思うかもしれませんが、割合だけで見ればどちらも同じくらいのようですね。

自分に合った転職活動の方法でやるのが一番ということですね。

    運営者の注目サイト情報

  • 自分のやりたいことへの第一歩としての貯金の足しに出来るアルバイトを京都周辺で探しているなら、昼間の仕事は変えずに空いた時間を好きな時に利用して高収入を目指せるので、夢の実現に向けた動きが出来るのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ちょっと待った!転職をするときに考えるポイント All Rights Reserved.